jan.28
2018.jan.28

お客様から教えてもらうこと

ここ数日、冷えますね。
東京は先日の雪が溶けることなく屋根や道路に残っていて、滑らないように気をつけながら歩く毎日です。
外に出るのも億劫な日曜日。キルトの今後についてちょっと考えていました。

 

前回の日記で触れたおふたりと、2月中旬にお会いする予定のおふたりには、
入籍はする(した)けれど、結婚式を挙げる予定がないという共通点がありました。
お申し込みのメールに
「お互いの両親などに夫婦を安心して見守っていてね、と渡せるものにしたい」とあり、
式やパーティーを挙げないカップルの役に立てたらいいなぁと思うようになりました。
キルトをどう育てていくか。
お客様に教えてもらうことが本当に多いです。

 

キルトはコミュニケーションツールなんですよね。
夫婦ふたりはもちろん、ふたりと周りの人たちの間をつなぐもの。
口で説明しなくても、手に取れば伝わってくるもの。

 

「ふたりの想いを縫い合わせる」というコピーを作ったのですが、
「夫婦の想い」にしなかったのは、夫婦に限らずパートナーの想いを引き出し、かたちにすることをしたかったからです。
実は、ずっと夫と妻以外でぴったりくる言葉を探しています。
結婚をとりまく状況がこれからますます多様化していくのにあわせて、従来のかたちに囚われないプロジェクトになりたいです。

 

jan.2
2018.jan.2

2018年のこと

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

quiltをスタートした昨年に続き、今年はquiltをパワーアップさせる1年にしようと意気込んでいます。

 

たとえば
・定期的な情報発信(diary、メルマガ、SNS)
・パンフレットをつくる
・サンプル設置場所を増やす
・quiltのウェブサイトでインタビュー記事を公開する
・コースやデザインを充実させる
など、様々な立場の方の目に触れる機会をつくるのと並行して、それぞれの状況にフィットする選択肢を増やせるように動いていく予定です。
なかでも顔をあわせてお話しできる場を増やせたらいいなと考えています。

 

先日、お問い合わせをくださったおふたりがいて、サンプルを持ってお話をしてきました。
そのおふたりがquiltを知ったのはSPURの記事を見てくださったのがきっかけで、「来年(今年)にでも入籍をしようと考えているけれど、人を招いて式を挙げる予定はなく、だからといって何もしないのも寂しいし……」と考えていた時だったそうです。
どんなふうに撮影を進めるかを知りたいということだったので、サンプルを手にとっていただきながら、一連の流れをご説明することにしました。

 

1時間30分くらいおしゃべりをしたなかで、印象的だったのが「私の平凡な人生でも、こんなふうにかたちになるのかな」とおっしゃったことです。
それを受けて、私は間違いなくかたちになる、できると思いましたし、そうお伝えしました。
ご自身にとっては「平凡」な人生なのかもしれませんが、これまで何百人とインタビューしてきた経験からいえば、どの人の人生も唯一無二です。自分の人生を「平凡」「普通」「ありきたり」、ときには「つまらない」と感じている方にこそ、インタビューを経験してもらいたいです。俳優、アイドル、アスリート、経営者やアーティストなど、たくさんの人の目に触れる人は、自然とインタビューを受ける経験をします。本人が望もうが、どうしようが、世の中が求める限りは、自分の歩みや考えを言葉にするし、“誰かに読まれるための”文章になる。
私はこれから、そういった機会がなかった人の人生を記録するために生きていきたいと思っています。自分の人生を自分で振り返るのは難しい。それをかたちにするのはもっと大変なことです。だからこそ、編集・ライターとして仕事をしていて、カメラマンやデザイナーとも繋がりがあって、「一人でも多くの人の人生を記録したい!」と心底思っている私のような人間が、その役を背負うことが大事な気がしているんです。

 

限られた時間のなかでのインタビューということで「緊張するなぁ」「何を話せばいいのかな」と不安に思っている方も多いのかもしれませんね。そのために事前に質問をお送りして、答えていただくことにしています。「高いお金を出すのに、気が合わない人だったらどうしよう」と私との相性を心配している方もきっといると思います。そういう場合は遠慮なくご相談ください。事前に顔を合わせてお話しましょう!

 

最後に。
quiltを立ち上げてから「それで、できあがったものはどういうふうに使うの?」と何度も聞かれるたびに、きちんと答えられなかったのですが、やはりquiltの最も大事な部分は「インタビューを受ける」という経験を提供できるところです。そして、できあがったものは家族や他人に見せるためのものではなく、「自分たちだけのためのもの」という想いをベースに制作していきます。quiltのウェブやSNSでは、サンプルを公開していますが、あくまで「こんなふうになりますよ」という見本なのであって、必ず公開するというものではありませんのでご安心くださいね。

oct.1
2017.oct.1

quiltといい夫婦の日

あと2ヶ月足らずでいい夫婦の日(11月22日)がやってきます!

 

それにあわせて、本日10月1日から31日までにお申込みしてくださった方限定で、
通常120分の撮影を180分に延長します。

撮影時間が1時間延びるだけで、できることはずいぶん広がるんですよ。

 

たとえば……
・おふたりの写真に加えて、ご家族やご友人と一緒に
・ご自宅、オフィス、思い出の場所など、数カ所での撮影
・15時~17時だと日中の写真のみになりますが、
15時〜18時までだと、日中の写真と夕暮れどきや日が落ちてからの写真も撮れる

 

と、いくつか挙げてみましたが、1時間延びたからといって、無理にシチュエーションを増やす必要はありません。
インタビューも撮影も、意外と体力を使うので(そのため、インタビューと撮影を別日でお願いしています)、おふたりが心にゆとりを感じながら、撮影を楽しんでくださったらそれがいちばん幸せです。

 

*お届け時期について
quiltを完成させるまでに、インタビュー、撮影、原稿確認作業をするため、おふたりと私たちのスケジュールを3日間合わせる必要があります
インタビューと撮影を済ませてから、さらに2ヶ月ほどお時間をいただいています。

そのため、期間中にお申込みいただいても11月22日にお届けすることはできないのですが(ごめんなさい!)、年の瀬にかけて忙しくなる方も多いこの時期に、一度立ち止まって未来に視線を向けるサポートができたらと思い企画しました。

 

都内在住の方は、直接お会いしてサンプルをご覧いただくことも可能です。
contactページから、ご質問もお気軽にどうぞ!

sep.22
2017.sep.22

quiltはいつ頼むもの?

先日、友人からのひと言。

 

「ウェブ見たよ〜!あれって、いつ頼むものなの?」

 

私がイメージしていたことが伝わっていない!全然伝えられていない!とドキッとしました。でも、ドキッとするってことは、自分もどこかでそれを感じていたからだと思うんです。新しいことを始めたときにいちばん嬉しいこと。それは、周りからのこうした正直な言葉なんだなぁと痛感しています。

 

私の母親は、「私くらいの(世代の)人に勧めるなら、パンフレットがあった方がいいかもね」と意見をくれて、それにもすごく納得しました。今は、パンフレットを作るための準備を進めています。
polcaにも挑戦中です!

 

「いつ頼むものなの?」という問いに対する答えは「いつでも」なんです。
入籍、挙式、周年記念日、妊娠、出産、転職、引越し、子供が成人した、還暦を迎えた……など、ふたりの節目にはもちろん、子どもから両親へ、両親から子どもへのギフトとしても使っていただけたらなぁと考えています。毎年、母の日と父の日に何を贈るか悩んだ末に、結局何もしない年も多い私の場合、2018年は両親のquiltを作って贈ろうと考えているところです。
もちろん、こうした節目や〇〇の日に限らず、「なんとなく気持ちを整理したいな」というときにも使っていただけたらすごくうれしいです。だって、自分の気持ちや考えなんて、毎日変わるものじゃないですか。外側(状況)の変化を記録することも大切だけれど、目には見えない内側の変化を記録することって、とても意味のあることだと思うんです。

 

ここ数年で自分史のサービスがどんどんリリースされています。年齢を問わないものがほとんどですが、商品のイメージ写真には年齢を重ねた方の写真が使われていることも多く、エンディングノートの一種のような印象を受けます。
でも、20代、30代にだって、これまでのことを振り返る時間は必要だし、何よりそれをきっかけに未来を変えていけることが希望だなと思うんです。そういう思いもあり、ウェブサイトやquilt本体のデザインは、今、29歳の私が「これ、いいなぁ」と思うものにしています。

sep.3
2017.sep.3

quiltをつくる人 vol.1

今回ウェブサイトを作るにあたって、「quiltがどんなプロジェクトなのかが伝わるように」と考えてきたのですが、「もうちょっと身近に思ってもらえるような何かがあった方が楽しいのかも」と思い、diaryページでは私自身も楽しみながら文章を書いていくことにします!

 

まずは私のことをお話しますね。
私は、1988年生まれの29歳で、熊本で生まれ育ちました。熊本には今でも年に2回は帰っています。
大学入学を機に上京して、卒業後はフリーランスの編集者のアシスタントを1年、ファッション誌編集部のアシスタントとして2年働き、2015年6月に独立しました。普段はフリーランスのライターとして、雑誌やウェブまわりの仕事をしています。

 

この「仕事」というのは、さまざまな企画に合わせて取材をし、記事を書き、それが世の中に出て、依頼してくださった方からお金をいただくというのが流れなのですが、それとは別に誰に頼まれたわけでもなく、「こんなことがしたい!やるぞ!」と立ち上げた企画もあります。フリーペーパーから書籍になった「しごととわたし」や、親の反対と子供の夢をテーマにした冊子「舵をとる人」、そして、今回のquiltもそのひとつです。quiltの場合は、依頼してくださる方が雑誌やウェブサイトを運営する会社から個人に移るというイメージなので、仕事といえば仕事なのですが、私の「やってみたい!」からはじまっているので、普段の仕事ともまた違うんです(quiltを始めた理由は「about quilt」にも詳しく書いたのですが、またこちらでもお話していきます)。

 

生活するなかで大切にしているのは、好きなタイミングで食べたいものを食べること!料理をするのも、外で食事をするのも好きです。

 

最近のお気に入り
・西馬込のyohak(いつもサラダのセットを注文。ドリンクもケーキも美しく、絶品!)
・西永福のJalk Coffee(シフォンケーキの大きさにびっくり!喫茶店とカフェの中間という感じで居心地がとてもよかった)

定番だと
・千歳船橋の堀口珈琲(ハムとたまごのホットサンドが好き)
・外苑前のJ-COOK(東京の宝物のようなお店)
・表参道のふーみん(ここでランチを食べると元気が出ます)→Cafe Les Jeux Grnie(煙もくもくだけど、考えごとをしたいときに)
・上野広小路のLapin(モーニングがおいしくて、椅子がかっこいい)

 

食べてサッと出るのはふーみんぐらいで、あとは仕事をしたり、考えごとをして過ごします。
明日はどこに行こうかな!

sep.1
2017.sep.1

キルトにまつわる出来事を綴ります

diaryでは、取材や撮影の様子、イベントなどのレポートをお届けします。
どうぞお楽しみに!